田子丸の塩辛 / 伊豆の逸品 / 伊豆 / 西伊豆 / 塩辛 / 通販 / 通信販売 / グルメ / かつお塩辛 / 鰹塩辛 / いか塩辛 / 田子
 

西伊豆の田子港(当地)に伝わる「塩かつお(塩鰹)」の召し上がり方を紹介します。
日本一しょっぱ味の塩鰹 --- そのしょっぱい味が何とも言えず“病みつきに!
珍味として大変好評です。

  塩かつお(塩鰹)の召し上がり方
       
 お茶漬け    
 

まず、切り身をこんがりと焼きます。
焼いた切り身をほぐし、ご飯の上にのせて熱いお茶を注ぎます。
それから調味料で味を整え、のりや三つ葉などをふりかけ食してください。

 
 酢漬け    
 

切り身をこんがり焼き、甘酢(砂糖を加え溶かした酢)に漬けて
ほぐしながらお召し上がりください。

 
 お吸い物    
 

切り身を大きめにほぐし、そのまま椀に入れ、熱湯をかけ一度塩抜きをる。その後、熱湯を注ぎ、調味料(化学調味料:だしの素・醤油・・・色づけ)を加え簡単お吸い物に。
(熱湯でないと、生臭くなることがあるので必ず熱湯でご賞味ください。)

 
 お酒のおつまみ    

(1)切り身をさらに薄切りにし、水にひたし、2〜3時間塩抜きしてから、
レモン汁または食酢にひたしお酒のつまみに。
(2)切り身を薄切りにし、そのまま火であぶって食べてもお酒との相性抜群です。

 

 

 

       
   
 Copyright (C) 2015-2016 Tagomaru Corp. All rights reserved